男女

相続の手続きは難しい|弁護士に任せるのがベスト

独立企業間価格を正しく

レディ

弁護士に相談すること

日本国内の需要が落ち込む中、海外に商品を輸出する企業が増えています。事業拡大とともに、海外に子会社を置き、輸出販売を手掛ける企業も少なくありません。この際に、日本の企業と海外の子会社間で取引される商品の価格が移転価格と呼ばれるものです。海外においては法人税率が国ごとに異なるため、税率が低い国に子会社を置き、そこを経由して世界中に販売した方が利益が多くなります。しかしそれにより、本来日本国内に入ってくる利益が子会社に流出し、結果として国内の税収が下がってしまうことになります。そこでこの状態を規制するために設けられているのが、移転価格税制なのです。具体的には、海外の子会社と取引する際の価格と、全く関係性のない会社と取引する際の商品価格を比較し、公平性を持たせて計算し商品価格を決めることが求められています。この価格を独立企業間価格といいますが、算定方法はかなり複雑で、独立価格比準法や原価基準法など様々な法律に基づいて算出されます。これを踏まえて三国間貿易をしないと、移転価格税制の違反という事で追加で課税されることとなってしまいます。最近では、大手企業だけでなく新規のベンチャー企業なども三国間貿易を視野に入れていることも多く、移転価格税制は注目されているのです。一般の人が詳細に理解することは難しいため、こういった相談は、海外事業に詳しい税理士に依頼することが望ましいとも言えます。三国間貿易は、日本国内の移転価格税制だけでなく、それぞれの国の税制を理解しておくことも必要であり、税制は年々複雑化しています。あとからトラブルにならないためにも、信頼のおける税理士をパートナーに見つけることが重要なのです。

Copyright © 2017 相続の手続きは難しい|弁護士に任せるのがベスト All Rights Reserved.