婦人

相続の手続きは難しい|弁護士に任せるのがベスト

借金問題の相談者が多い

埼玉県では借金問題やそれによる自己破産の問題を弁護士に相談する人が多いです。消費者金融からは担保や保証人なしで融資を受けることが可能で、返済できないときには弁護士に相談を行います。銀行カードローンの利用者も多く、安易に借り入れしないことが推奨となります。

独立企業間価格を正しく

海外に子会社を置き、三国間貿易を考える企業が増えています。そこで重要なのが移転価格税制です。税制の低い国へ取引を移転することで、企業としては増益になります。しかし国内では税収が下がるため移転価格税制で規制しています。課税対象にならないよう独立企業間価格を算定するために、詳しい弁護士に依頼しましょう。

国の被害者救済措置

B型肝炎給付金の対象者は昭和16年7月2日から昭和63年1月27日生まれで、満7歳までに集団予防接種等を受けたB型肝炎ウイルスの持続感染者と、その人から感染した子、及び、それらの人の相続人です。支給額は病態で異なりますが、20年経過すると支給額は大幅に減額されます。弁護士費用も国は負担します。

身内に不幸があったら

男性

何をすべきか

親など身近な人に不幸があると避けて通れないのが相続に関する手続きです。普段から慣れているという方はむしろ少数派ですから、ここでその手続きについて流れを見ていきましょう。尚、相続の手続きについてわからないことがあれば早目に弁護士などに相談することをおすすめします。まず故人の死亡から7日以内にすべき手続きからです。この段階では故人の死亡届を提出し、葬式の準備や火葬の許可申請をします。この際、葬式費用の領収書はきちんと保管しておきます。次に故人が死亡してから3か月以内の手続きです。まず、遺言書の有無を確認し、法定相続人がだれなのかを特定する作業になります。遺産分割協議が始まった後で遺言書が出てきたり、相続人が漏れていると協議をやり直す必要がありますので注意が必要です。相続人を確定させたら必ず全員分の戸籍謄本を取ります。そして遺産分割協議に入り、相続財産について単純承認や限定承認、相続放棄などを選択します。さらに故人が亡くなってから4か月以内に行うべき作業の流れです。遺言書があり、それが公正証書以外の場合は家庭裁判所で検認手続きをします。また相続財産を調査し、時価評価します。また同じタイミングで、故人の条件によっては故人のための所得税申告を行います。さらに亡くなってから10か月以内には遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。遺言書や遺産分割協議書に従って、不動産や有価証券などの名義変更を行います。遺産分割協議の結果、基礎控除額を上回る財産の相続や遺贈があれば相続税を申告し、納税します。以上が大まかな流れとなりますので、イメージしておくと役立つでしょう。

Copyright © 2017 相続の手続きは難しい|弁護士に任せるのがベスト All Rights Reserved.